肝斑かんぱん 女性ホルモン トラネキサム酸」タグアーカイブ

30代~50代要注意!べたっとしたシミ肝斑と女性ホルモンの関係。

シミを鏡で見てみたときに、ポツポツとした小さなシミではなくてべたっと広範囲に広がっていませんか?こういうベタっとした大きなシミは「肝斑(かんぱん)」の可能性が高いそうです。確かに、40代のママ友も多いしみのん。よく頬の上の方にしみが広がり始めてる方、ちょくちょくいます。みんなざっくり「シミ」と呼んでますが、正式には「肝斑」というんですよね。

しみ肝斑

では「肝斑(かんぱん)」の特徴は?

ポツポツとした1cm程度のサイズで出てくる一般的なシミ(老人性色素斑)に対してかんぱんは頬骨の両側に左右対称にベタっと広く出てくるのが特徴的「肝斑(かんぱん)」という名前が一般的に定着してきたのは割と最近の話ですが、あるアンケート結果によると30代~50代の女性の3人に1人は肝斑と思われるシミ症状を経験しているんだとか!!
しみのん、この肝斑らしきシミはまだ出来てないけど、40代目前という年齢を考えると仲間入りも間近かっ・・・。

シミの原因=紫外線とか歳のせい なんて思いがちですが、この肝斑の主な原因は「女性ホルモンの乱れ」だそうです。30代から40代の女性に特に多くできてしまうのは、女性ホルモンが乱れやすいお年頃だから。なるほど~。しみのんも最近どうも生理の時の出血量が急に増えたり減ったりしてるから“女性ホルモンの乱れ”だいぶん怪しいんだなぁ・・・。

ホルモンバランスの乱れが原因ということで、ほかにも妊娠中のプレママやピルを飲んでいる方、更年期の方も肝ぱんは出来やすくなるそうです。
夏や生理前にかんぱんの色が濃くなる、なんてこともあるそうですよ。

で、肝斑(かんぱん)に対するケアはどうしたらいいか。これが肝心。

かんぱん予防としては↓
☆規則正しい生活(睡眠)、バランスのとれた食事を心がけ、ストレスをためないようにして女性ホルモンの乱れを防ぐ。
大豆に含まれる大豆イソフラボンや、ローズの香りなんかも女性ホルモンのバランスを整える効果があるそうですよ~。アロマとかいいいかも♪

できてしまった肝ぱんには↓
☆色が濃くならないようにUVケアを怠らない。
☆ピーリングと合わせて美白化粧品を使う。(美白成分アルブチン・ハイドロキノンが有効的)
☆美容皮膚科で肝斑によく処方される、トラネキサム酸という内服薬を飲む。
トラネキサム酸は肝斑改善効果があって、安全性も確認されたお薬ですが、残念ながら保険適用外。。。とほほ。
ドラッグストアで購入できるトラネキサム酸内服薬として有名なのは「トランシーノ」。調べたとことトランシーノは4週間分で3,672円です。ただトラネキム酸は止血剤でもあるので、血栓ができやすい方、動脈硬化がある方は飲まない方がいい場合も。気になる方は医師に相談した方がいいですね。

残念ながら肝斑(かんぱん)にレーザー治療は不向きなので、少しずつ薄くしていくよりなさそうですね。あとは予防の為に女性ホルモンを整えるべく規則正しい生活、バランスのとれた食生活を心がけ日々努力!健康的な生活をすることが肝斑の予防ってことですね。

次回はニキビなどの炎症によって出来るシミについて調べます。
乞うご期待。