くすみの原因トップ3はコレ!原因別くすみ予防のコツ。

私って色黒?
なんだか前よりも色黒になってきた?そんなに日焼けした覚えはないのに・・・。な~んてコト、ありませんか?

なんか肌色が黒っぽい、透き通っていない、なんていうのは「く・す・み」。くすんだ肌は肌のトーンが暗くなるので、黒っぽくも見えるんですよね。くすんだお肌は不健康に見えがちだし、どうしても年齢が上にに見えがち。せっかく美白ケアをしていてもくすんでいたら元もこもない!血色のいいお肌はそれだけで若々しくみえますもんね。

くすみ、撲滅シタイ!!という訳で、お肌のくすみの原因と対処法を調べてみましたよ。一言にくすんでいる、といってもそのくすみの原因もひとつじゃない。原因トップ3とその原因別のくすみ予防のコツをご紹介します。

まずは、

①角質が厚くなることによるくすみ。

肌の一番外側の、メラニンを含んだ角質細胞がぶ厚くなってしまっているが故にどんよりと黒い感じに。加齢とともにターンオーバーに時間がかかるようになり、古い角質がたまってしまうんです。歳とったんだから仕方ない??いやいや、この溜まった古い角質層を取り除いてやればいいんです。
取り除くと言えば、ピーリング。そして酵素洗顔料も効果的です。

②乾燥によるくすみ。

夕方になると余計にくすんでくる、といった場合は“乾燥”が原因している可能性高いです。朝は化粧水等でスキンケアしてから時間がたってないからよいものの、午後以降、乾燥してくると
肌表面の角質が毛羽立ってきて陰影ができることで黒っぽく見えてしまうんです。

てことは、潤いが続いてれば陰影などできない、くすまないはず!毛羽立ってこないなめらかな角質を持続させたいわけです。

そこでお助けマンとなってくれるのがセラミドの入った保湿剤。セラミドはただの保湿成分ではなく、潤いを肌内に留めておいてくれる保湿成分。最近はテレビコマーシャルなんかでもこのセラミドという成分、耳にするようになりましたよね。

セラミド=潤いチャージ成分。乾燥が原因のくすみなら、美白化粧品よりもセラミド保湿剤が有効!デス。
しっかりとセラミドが入ったスキンケアを選んで使うべし。
午後のお化粧直しタイムにはお化粧の上からでもセラミド入り化粧水をお肌に補給してあげると、夕方以降の乾燥によるくすみを防ぐことができます^^

③血行不良によるくすみ。

元気に遊びまわるこどもの、ちょっとピンクがかった活き活きとしたお肌って健康そのもの。逆に、「具合、悪い・・?」って思ってしまうようなくすんだ肌色をした大人も。血行の悪さが原因していることも多々あるそうです。

血流を良くし、血液の色が回復すれば肌色もすっきりとするはず。血流をよくするツボ押しや、やさしくマッサージして血行をよくすると◎ ただ、ゴシゴシとこするようなマッサージは肌に負担がかかってマイナス効果になるので注意!特に目の周りって、くすみやすくもあるけど、皮膚が他よりも薄いから強い刺激は禁物です。

その点、ツボ押しは肌に負担にはならないのでオススメですね。曲びんという、こめかみと耳の上部を結ぶ線の真ん中あたりにあるツボは顔の血行改善に効果があります。4~5回、ググッと押すことで顔の血流がよくなり、くすみだけでなく顔のむくみ改善にも効果が♪頭痛をやわらげることもあるそうですよ^^

自分のくすみの原因がどれか分からなかったら・・・色々トライしてみたらどうでしょ!!??

どの対処法も、やりすぎなければ肌にとってイイコトばかり。
しみのんは、もともと色黒だけど、やっぱり年齢とともにこれはくすみも原因してる!?と思うことが多々あるんです。
くすみが取れれば透き通ったキレイなお肌をゲットできるかも~!ピーリングに洗顔にセラミド保湿にツボ押し。試してみま~す♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です